訪問リハビリテーションについて

理学療法士 安藤雅敏

みなさん、こんにちは。
大垣中央病院の理学療法士 安藤と申します。

今回は、当院の訪問リハビリテーションについて紹介したいと思います。

目次

訪問リハビリテーション概要

訪問リハビリテーションは、可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、理学療法士、作業療法士などが利用者の自宅を訪問し、心身機能の維持や回復、日常生活の自立に向けたリハビリテーションを行います。

ご自宅や一部の施設にて生活されている方がご利用できます。
当院におきまして提供できる地域は大垣市内になります。
(上石津町や墨俣町を除きますので、予めご了承ください。)

ご利用時間など

平日(月曜日から金曜日)のうち週1回から週3回までご利用いただけます。
原則的には1回あたり40分になります。
訪問リハビリテーションは介護保険・医療保険のいずれかの保険でのご利用ができますが、当院は介護保険に限ります。

私達の想い

私たちは利用者の「できる」を、続けられるよう、増やせられるよう、訪問リハビリテーションを通じて取り組ませてもらっています。
「あと少しでできそう」を、「できる」にしていきたいと思っています。

当院の訪問リハビリテーションの職員は、入院リハビリテーションを兼務しています。
そのため様々な疾患を入院リハビリテーションにて経験しておりますのでご安心いただけるかと思います。
また、病院管轄であり、気になることや異変に対し、病院とすぐに連絡が取れます。
ご家族の方々も、介護の負担や、日々の悩みなど、様々な不安を抱えていらっしゃると思います。
私たちは利用者本人のみではなくご家族にも寄り添い、生活の工夫、福祉用品の利用など一緒に考え、解決の一助となりたいと思っています。

私たちは利用者の目標達成を意識してリハビリテーションを進めております。
2022年は40名が終了され、その内40%(16名)の方は、より自立した生活へとステップアップされております。
5%を超えれば一定の評価をいただけるのですが、当院はその8倍にあたります。
利用者の「できる」を少しでも増やそうとする私たちの取り組みの表れと自負しております。

では、ここで昨年に100歳の誕生日を迎えられた利用者をご紹介します。
この方は平成29年から訪問リハビリテーションを開始され、6年間以上に渡り、ご利用いただいております。
トイレに自分で歩いて移動され、身の回りのことはご家族様の協力を得ながらも概ね一人でされています。
食事が美味しく頂けていることに感謝しつつ、毎晩のビールを楽しみにされていらっしゃいます。

個人情報にあたるところは画像処理させていただいておりますが、「大正11年」がまぶしいですね!!

訪問リハビリテーションに興味のある方は、当院にお気軽にお問い合わせください。

住所:岐阜県大垣市見取町4丁目2番地
電話:0584-81-1388(リハビリテーション科 直通)

  • URLをコピーしました!
目次