貨幣状湿疹

貨幣状湿疹 かへいじょうしっしん

貨幣状湿疹(nummular eczema)とは、主に四肢に認める円形または楕円形の皮膚炎で、独特の形状が貨幣に似ていることがその名の由来です。

貨幣状湿疹はかゆみを伴う慢性の湿疹病変が特徴で、アトピー性皮膚炎の亜型と捉えられることもあります。

この記事では貨幣状湿疹の病態や治療法などについて詳しく解説していきましょう。

この記事の執筆者

小林 智子(日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士)

小林 智子(こばやし ともこ)

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士
こばとも皮膚科院長

2010年に日本医科大学卒業後、名古屋大学医学部皮膚科入局。同大学大学院博士課程修了後、アメリカノースウェスタン大学にて、ポストマスターフェローとして臨床研究に従事。帰国後、同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンターにて、糖化と肌について研究を行う。専門は一般皮膚科、アレルギー、抗加齢、美容皮膚科。雑誌を中心にメディアにも多数出演。著書に『皮膚科医が実践している 極上肌のつくり方』(彩図社)など。

運営ソーシャルメディア(SNSでは「こばとも」と名乗ることもあります)

XYouTubeInstagramLinkedin

著書一覧
経歴・プロフィールページ

こばとも皮膚科関連医療機関

医療法人社団豊正会大垣中央病院

目次

貨幣状湿疹の症状・病型

貨幣状湿疹は、女性よりも男性に多く見られる傾向にあり、冬に多いのが特徴です。患者さんの多くは50歳以上ですが、年齢に関係なく症状が出現する可能性があります。

貨幣状湿疹の症状

貨幣状湿疹では、特に下腿の伸側(前側)や腰殿部などに特徴的な円形または楕円形の皮疹が現れるのが特徴です。

皮疹の辺縁が小さな丘疹が集簇していたり、紅斑の中央に浸潤を伴ったり、表面に鱗屑を認めることがあります。さらに、強い痒みや、掻爬によって滲出液を認めることも多いです。

引用元:https://www.verywellhealth.com/nummular-eczema-what-you-should-know-4163956

症状の進行

貨幣状湿疹の症状は、時間の経過と共に進行することがあり、治療を行わないと、以下のような変化が見られることがあります。

  • 症状の拡大(id反応): 初期には小さな範囲に限定されていた湿疹が、掻爬によって広範囲に広がる可能性。
  • 二次感染: 痒みによる掻き傷から細菌が侵入し、二次感染を引き起こすことが。

貨幣状湿疹の病型

貨幣状湿疹は特発性の湿疹と位置付けられているものの、一部のケースはアトピー性皮膚炎の亜型と捉えられていることもあります。

そのため、病型は

  1. アトピー性皮膚炎の亜型としての貨幣状湿疹
  2. 特発性の貨幣状湿疹

の2種類に大別されます。

その他、虫刺症などの痒疹や、接触皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎などから貨幣状湿疹に移行することもあります。

貨幣状湿疹の原因

貨幣状湿疹は複数の要因によって引き起こされることがあり、それぞれの患者さんの生活環境や体質によっても異なります。

貨幣状湿疹の主な要因

原因のカテゴリ具体的な原因
環境因子過度の乾燥、皮脂の減少、ダニや化学物質への曝露、皮膚常在環境の変化
物理的刺激摩擦(特に伸張)、圧迫
生活習慣アルコール摂取、非セリアックグルテン過敏症
免疫系の反応アレルギー反応(金属アレルギー含む)、自己免疫疾患
薬剤イソトレチノイン、インターフェロン、リバビリン

貨幣状湿疹の検査・チェック方法

貨幣状湿疹の診断は、通常視診によって特徴的な皮疹を確認することで容易に行えます。ただし、鑑別疾患や二次感染などの確認のために追加の検査が実施されることも。

引用元:https://www.healthline.com/health/skin/nummular-eczema

検査

貨幣状湿疹の診断を確定するために、いくつかの検査を行うことがあります。

  • 細菌培養検査:皮膚スワブなどを用いて二次感染の有無を確認。
  • 直接鏡検:白癬と鑑別が必要なときに実施。
  • 皮膚生検:難治性の場合は、発疹の一部をくり抜いて採取し、顕微鏡下で細胞の状態を検査。貨幣状湿疹の病理組織では他の湿疹症状と同じように海綿状変化、血管周囲性のリンパ球浸潤などを認め、特徴的な所見はない。
  • アレルギーテスト(パッチテスト):貨幣状湿疹がアレルギー反応によって引き起こされている可能性があるときに行われることが。

貨幣状湿疹の治療方法と治療薬

貨幣状湿疹の治療では、皮膚の炎症に対しての薬に加え、乾燥や皮膚刺激物への曝露の軽減が重要となります。

乾燥や刺激物への曝露軽減

症状を悪化させないために有効な対策

  • 洗顔:入浴は1日1度とし、マイルドな洗浄料を用いてぬるま湯で洗う。
  • 保湿:1日1~2回、保湿を行う。セラミド配合など、皮膚からの水分蒸散を抑える効果が高いクリームなどが推奨。
  • その他:加湿器を使う。

皮膚科での治療

症状の改善には、ステロイド外用薬が第一選択となります。

ステロイド外用薬は強さによって5段階にランク分けされ、貨幣状湿疹では症状によってVery Strong程度のステロイド外用薬が選択されることが多いです。

また、かゆみが顕著であるときには、抗ヒスタミン薬の内服薬を処方されることがあります。

難治性の貨幣状湿疹で上記治療薬で改善を認めない場合は、光線療法(ナローバンドなど)やシクロスポリン(ネオーラル)などの免疫抑制剤を検討することも。

貨幣状湿疹の治療期間

貨幣状湿疹の治療期間は、個人の症状の重さ、体質などによっても大きく異なります。

特に、乾燥や皮脂の減少によって起きるときは、冬の時期に慢性的に症状に悩む方も少なくなく、治療期間も長期になる傾向に。

注意点

治療期間中に患者さんが注意すべき点

  • 治療は個人差が大きく、場合によっては定期的に通院が必要。
  • 治療薬の正しい使用方法を守る。
  • スキンケアで保湿を意識して行う。

薬の副作用や治療のデメリット

貨幣状湿疹の治療に用いられる薬には以下のような副作用やデメリットもあります。

貨幣状湿疹の治療薬の副作用及びデメリット

治療薬の種類主な副作用デメリット
ステロイド外用薬皮膚の菲薄化、毛細血管拡張長期使用による副作用の増加
抗ヒスタミン薬眠気、口の渇き、めまい日常生活の質の低下の可能性
光線療法色素沈着通院が必要
シクロスポリン(ネオーラル)感染症、腎機能障害、胃腸障害定期的な採血が必要

使用中に副作用を認めたときは使用を中止したうえで、早めに主治医に相談してください。

保険適用の有無と治療費の目安について

貨幣状湿疹で用いられるステロイド外用薬や抗ヒスタミン内服薬などの治療薬には保険が適用されます。

アンテベート軟膏の薬価は18.9円/gで、1本(5g)で94.5円(3割負担で約28円)です。

この他に、初診料及び再診料、処置料などが別途追加されます。詳しくはお問合せください。

参考文献

Leung AK, Lam JM, Leong KF, Leung AA, Wong AH, Hon KL. Nummular eczema: an updated review. Recent patents on inflammation & allergy drug discovery. 2020 Oct 1;14(2):146-55.

Patruno C, Stingeni L, Hansel K, Ferrucci SM, Tavecchio S, Fabbrocini G, Nisticò SP, Foti C, De Prezzo S, Napolitano M. Effectiveness of dupilumab for the treatment of nummular eczema phenotype of atopic dermatitis in adults. Dermatologic therapy. 2020 May;33(3):e13290.

Torodova A, Boehner A, Bruckbauer H, Ring J. Nummular Eczema: An Update. InEuropean Handbook of Dermatological Treatments 2023 Oct 5 (pp. 711-720). Cham: Springer International Publishing.

McWhirter S, Foster R, Halbert A, Miller R, Morgan VA, Rademaker M, Robertson S, Scardamaglia L, Warren L, Wong LC, Zappala T. Discoid (nummular) eczema in the paediatric setting–An Australian/New Zealand narrative. Australasian Journal of Dermatology. 2022 Nov;63(4):e289-96.

Kam EY, Kang EJ, Yoon SY, Kim MW, Choi JH. A Case of Nummular Eczema Treated by Gagamtongchung-san and Korean Medicine Therapy. The Journal of Korean Medicine Ophthalmology and Otolaryngology and Dermatology. 2020;33(4):145-55.

Jin HS, Yoon HJ. A Case of Nummular Eczema Treated by Chijageongang-tang and Korean Medicine. The Journal of Korean Medicine Ophthalmology & Otolaryngology & Dermatology. 2020;33(1):89-97.

Böhner A, Jargosch M, Müller NS, Garzorz-Stark N, Pilz C, Lauffer F, Wang R, Roenneberg S, Zink A, Thomas J, Theis FJ. The neglected twin: Nummular eczema is a variant of atopic dermatitis with codominant TH2/TH17 immune response. Journal of Allergy and Clinical Immunology. 2023 Apr 27.

Żychowska M, Kołcz K. Dermoscopy for the Differentiation of Subacute Cutaneous Lupus Erythematosus from Other Erythematous Desquamative Dermatoses—Psoriasis, Nummular Eczema, Mycosis Fungoides and Pityriasis Rosea. Journal of Clinical Medicine. 2024 Jan 19;13(2):577.

Wu Y, Zhang G, Su M, Zhang X, Zhou Y. Molecular and cellular characteristics of nummular eczema. InJournal of Investigative Dermatology 2020 Jul 1 (Vol. 140, No. 7, pp. S11-S11). STE 800, 230 PARK AVE, NEW YORK, NY 10169 USA: ELSEVIER SCIENCE INC.

Jin HS, Yoon HJ, Ko WS. A case of Nummular Eczema Treatment Improved through Korean Medicine: Focus on Hwangryeonagyo-tang and Mahwangbujasesin-tang. The Journal of Korean Medicine Ophthalmology & Otolaryngology & Dermatology. 2021;34(1):89-100.

Anderson HJ, Lee JB. A Review of Fixed Drug Eruption with a Special Focus on Generalized Bullous Fixed Drug Eruption. Medicina. 2021; 57(9):925.

  • URLをコピーしました!
目次