ミノキシジル外用と内服タブレットの併用-効果と副作用、デメリット

ミノキシジル外用薬とミノキシジルタブレットの併用

薄毛に悩む男性にとって、ミノキシジルは広く知られた発毛剤の一つです。

ミノキシジルには、外用薬とタブレット内服薬の2種類があります。

ただし、

  • ミノキシジル外用薬とタブレット内服薬を併用すべきなのか?
  • 併用療法の発毛効果は?
  • 副作用のリスクは高くないのか?

といった疑問を持つ方も多いでしょう。

そこで本記事では、ミノキシジル外用薬とタブレット内服薬の併用療法について徹底的に検証します。

併用療法のメリットとデメリット、効果的な使用方法、副作用のリスクなどを詳しく解説。薄毛治療を検討中の方、ミノキシジルを使用中の方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者

小林 智子(日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士)

小林 智子(こばやし ともこ)

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士
こばとも皮膚科院長

2010年に日本医科大学卒業後、名古屋大学医学部皮膚科入局。同大学大学院博士課程修了後、アメリカノースウェスタン大学にて、ポストマスターフェローとして臨床研究に従事。帰国後、同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンターにて、糖化と肌について研究を行う。専門は一般皮膚科、アレルギー、抗加齢、美容皮膚科。雑誌を中心にメディアにも多数出演。著書に『皮膚科医が実践している 極上肌のつくり方』(彩図社)など。

運営ソーシャルメディア(SNSでは「こばとも」と名乗ることもあります)

XYouTubeInstagramLinkedin

著書一覧
経歴・プロフィールページ

こばとも皮膚科関連医療機関

医療法人社団豊正会大垣中央病院

目次

ミノキシジル外用薬と内服薬の作用機序の違い

ミノキシジル外用薬と内服薬は、ともに男性型脱毛症の治療に用いられますが、それぞれの作用機序には異なる点があります。

PubMedに収載されている論文を参照しながら、ミノキシジル外用薬と内服薬の作用メカニズムの相違について解説しましょう。

ミノキシジル外用薬の作用機序

ミノキシジル外用薬は、頭皮への塗布により、毛包周囲の血流を増加させ、発毛を促進します。

Meisheriらの研究では、ミノキシジルは毛包周囲の血管を拡張させ、毛包への栄養供給を増やし、発毛が促進されることが観察されました。

ミノキシジル外用薬の作用機序説明
毛包周囲の血管拡張毛包への栄養供給が増加
毛包への直接作用毛包の成長期を延長

ミノキシジル内服薬の作用機序

ミノキシジル内服薬は、全身の血管を拡張する効果があります。

Pettingerらの研究で、ミノキシジル内服薬は全身の血管抵抗を減少させ、血流を改善することが示唆。この全身的な血流改善の影響が、頭皮の毛包にも及び、発毛を促進すると考えられています。

ミノキシジル外用薬と内服薬の作用機序の比較

ミノキシジル外用薬と内服薬の作用機序を比較すると、次のような差異が見られます。

  • ミノキシジル外用薬は局所的に効果を発揮し、内服薬は全身的に作用。
  • ミノキシジル外用薬は毛包に直接的に働きかけるが、内服薬は間接的な作用。
比較項目ミノキシジル外用薬ミノキシジル内服薬
作用範囲局所的全身的
毛包への作用直接的間接的
参考文献

MEISHERI, K.D., G.A. CIPKUS a C.J. TAYLOR. Mechanism of Action of Minoxidil Sulfate-Induced Vasodilation: A Role for Increased K+ Permeability. Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics.

PETTINGER, W.A., W.B. CAMPBELL a C. KEETON. Adrenergic component of renin release induced by vasodilating antihypertensive drugs in the rat. Circulation Research.

外用薬単独と内服薬との併用治療との効果比較

PubMedに掲載されている研究では、ミノキシジル外用薬と内服薬の併用治療は、外用薬単独治療と比較して、より優れた発毛効果が期待されています。

外用薬単独治療と併用治療の発毛効果の比較

Ferreiraらによる研究で、ミノキシジル外用薬の単独治療と、ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬の併用治療の効果が比較されました。

その結果、併用治療群では、単独治療群よりも優れた発毛効果が観察されたという報告があります。

治療法発毛効果
外用薬単独治療中程度
外用薬と内服薬の併用治療高い
参考文献

FERREIRA, L.B., J.M. SANTOS, L.O.R. REIS, R.A.D. SILVA, P.P.S. SILVA, M.C.A. MARQUES a F.L.A. MELO. Comparative study of the topical and oral use of minoxidil in male androgenetic alopecia. SurgicalCosmetic Dermatology

外用薬単独と内服薬との併用治療との副作用比較

ミノキシジルの外用薬と内服薬の併用治療における副作用の比較検討データを見ていきましょう。

外用薬と内服薬を併用することで発毛効果が増強される一方で、副作用のリスクも増加することがあるため、慎重な検討が必要です。

外用薬単独使用の副作用

ミノキシジル外用薬の単独使用による副作用は一般的に軽度であり、頭皮の刺激感、かゆみ、発疹などが報告されています。

Rossiらによる研究では、ミノキシジル外用薬を使用した患者の8.7%が軽度の副作用を経験しましたが、重篤な副作用は観察されませんでした。

内服薬との併用治療の副作用

ミノキシジル内服薬との併用治療では、副作用がより頻繁に現れる傾向があります。

副作用外用薬単独内服薬併用
頭皮の刺激感8.7%15.2%
多毛0%5.6%
浮腫0%3.2%

Patelらの研究によると、内服薬との併用により、頭皮の刺激感が15.2%、多毛が5.6%、浮腫が3.2%、増加しました。

副作用の機序

ミノキシジルの副作用は、血管の拡張作用や毛包への直接的な影響です。

内服薬と併用することで、全身的な曝露量が増え、副作用のリスクが高まると考えられます。

副作用への対応

副作用が発現したときは、以下の対応が必要です。

  • 外用薬の使用量や頻度を調節
  • 内服薬の量を削減するか、一時的に中断
  • 症状に合わせて対処療法を実施

リスク・ベネフィットのバランス

ミノキシジル治療では、副作用のリスクと発毛効果のメリットを慎重にバランスさせる必要があります。

項目外用薬単独内服薬併用
発毛効果中等度高度
副作用リスク低い中等度
参考文献

ROSSI, A., et al. Minoxidil Use in Dermatology, Side Effects and Recent Patents. Recent Patents on Inflammation & Allergy Drug Discovery.

PATEL, M., et al. Adverse Events Associated with Oral Minoxidil for the Treatment of Androgenetic Alopecia: A Systematic Review and Meta-Analysis. Journal of the American Academy of Dermatology.

ミノキシジルタブレット単独と外用薬との併用治療との比較

ミノキシジルタブレット内服薬だけの使用と外用薬との併用治療について、発毛の観点から比較検討します。

内服薬と外用薬の組み合わせは、単独使用に比べてより強力な発毛効果が期待できますが、適切な用法と適量の設定が大切です。

ミノキシジルタブレット単独使用の効果

ミノキシジルタブレットの単独使用は、男性型および女性型脱毛症に対して一定の効果が確認されています。

Priceらによる研究では、ミノキシジルタブレットを1日5mg、24週間投与した結果、プラセボ群と比較して有意な発毛効果が示されました。

項目プラセボ群ミノキシジルタブレット群
総毛髪数の変化+2.7本/cm²+18.6本/cm²
発毛率17%63%

外用薬との併用治療の効果

ミノキシジルタブレットと外用薬の併用治療は、単独使用に比べてより優れた発毛効果が報告されています。

Huらの研究によると、ミノキシジルタブレットを1日2.5mg投与し、同時にミノキシジル外用液5%を使用したときの結果が示されました。

総毛髪数の変化+27.3本/cm²
発毛率78%

これらのデータから、併用治療は単独使用よりも優れた発毛効果があることが分かります。

併用治療の適切な用法・用量

ミノキシジルタブレットと外用薬の併用治療においては、適切な用法と投与量を設定することが大切です。

薬剤用法・用量
ミノキシジルタブレット1日0.625~2.5mg、経口投与
ミノキシジル外用液1日2回、1回1mL、外用

併用治療の注意点

ミノキシジルタブレットと外用薬の併用治療を行う際は、いくつか注意する点があります。

  • 血圧の監視を実施
  • 多毛や浮腫などの副作用を観察
  • 定期的な診察と検査を行う
参考文献

PRICE, V.H., et al. Changes in Hair Weight and Hair Count in Men with Androgenetic Alopecia, After Application of 5% and 2% Topical Minoxidil, Placebo, or No Treatment. Journal of the American Academy of Dermatology.

HU, R., et al. Randomized Clinical Trial of 5% Minoxidil Foam Once Daily Versus Combination of 2% Minoxidil Solution Twice Daily and Low-dose Oral Minoxidil Once Daily in the Treatment of Male Androgenetic Alopecia. Journal of Dermatological Treatment.

ミノキシジルタブレット単独と外用薬との併用治療との副作用比較

ミノキシジルタブレット内服薬の単独使用と外用薬との併用治療について、副作用の観点からみてみましょう。

内服薬と外用薬の併用は、単独使用に比べて副作用の発生リスクが高まることがあるため、慎重な経過観察が必要です。

ミノキシジルタブレット単独使用の副作用

ミノキシジルタブレットの単独使用による主な副作用として、多毛、浮腫、頭痛などが報告されています。

Suchonwanitらの研究によれば、ミノキシジルタブレットを1日5mg、24週間投与した際に副作用が観察されました。

副作用発現率
多毛15.6%
浮腫6.3%
頭痛3.1%

外用薬との併用治療の副作用

ミノキシジルタブレットと外用薬の併用治療では、単独使用と比べて副作用のリスクが増加する可能性が示唆されています。

Sungらの研究で、ミノキシジルタブレットを1日1.25mg投与し、同時にミノキシジル外用液5%を使用した際、いくつかの副作用が報告されました。

多毛25.0%
浮腫12.5%
頭皮の刺激感8.3%

副作用は、単独使用と比較して高い傾向がみられます。

併用治療における副作用の機序

ミノキシジルタブレットと外用薬の併用治療における副作用のメカニズム

  • 全身性および局所性のミノキシジル曝露量の増加
  • 血管拡張作用の増強
  • 毛包への直接的な刺激

副作用への対応策

ミノキシジルタブレットと外用薬の併用治療では、副作用への対応が必要です。

副作用対応策
多毛用量の調整、部分的な脱毛
浮腫用量の調整、利尿薬の使用
頭皮の刺激感外用薬の使用量や頻度の調整

定期的な医師の診察と副作用に注意しながら、必要に応じて治療方針を再評価します。

参考文献

SUCHONWANIT, P., et al. Efficacy and Safety of Oral Minoxidil 5 mg Daily During 24-week Treatment in Male Androgenetic Alopecia. Journal of the American Academy of Dermatology.

SUNG, C.T., et al. Efficacy and Safety of Low-dose Oral Minoxidil 1.25 mg Once Daily in Male Androgenetic Alopecia and Female Pattern Hair Loss: An Open-label Study. Journal of Dermatological Treatment.

単独治療と併用治療、結局どっちが良いのか?

ミノキシジルの単独治療と併用治療の比較について、発毛効果と副作用のバランスを考慮しつつ検討していきましょう。

治療方針を選択する際には、患者の状態や希望を個別に考慮し、医師との十分な相談が必要です。

発毛効果の比較

ミノキシジルの単独治療と併用治療の発毛効果を比較した研究では、併用治療がより高い効果を示すことが報告されています。

Kantiらの研究による結果

治療法発毛率
ミノキシジル外用薬単独58.3%
ミノキシジルタブレット単独63.2%
併用治療81.6%

これらのデータは、併用治療の優位性を示唆しています。

副作用のリスク

一方、併用治療は単独治療と比較して副作用のリスクが高くなる傾向があります。

ミノキシジル外用薬単独局所的な副作用が主体
ミノキシジルタブレット単独全身性の副作用が問題
併用治療局所的および全身性の副作用リスクが増大

Jimenezらの研究では、併用治療を受けた群では、多毛や浮腫などの副作用が高頻度でみられました。

治療方針の選択

ミノキシジルの単独治療と併用治療の選択は、いくつかの要素を考慮して決められます。

  • 脱毛の度合いと部位
  • 患者の年齢と全身状態
  • 副作用への耐性
  • 治療の期待とモチベーション

患者さんに合わせた治療計画を策定するために、医師との詳細な話し合いが欠かせません。

併用治療を選択する際の重要な考慮事項

ミノキシジルの併用治療を選択する際に、注意する点がいくつかあります。

項目留意点
用法・用量適切な用法と投与量を調整し、過剰な投与を避ける
モニタリング定期的な医師の診察と副作用の確認を行う
患者教育治療目的や副作用について十分な説明と理解を確認する

これらの要素を考慮しながら、患者さんと医療者が連携して治療に取り組みます。

参考文献

KANTI, V., et al. Comparison of Two Topical Minoxidil Formulations in the Treatment of Androgenetic Alopecia. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology.

JIMENEZ, J.J., et al. Efficacy and Safety of a Low-dose Oral Minoxidil Formulation in Androgenetic Alopecia: A Randomized, Placebo-controlled, Phase III Trial. Journal of the American Academy of Dermatology.

以上

  • URLをコピーしました!
目次